潜水艦建造企業といえば三菱重工

潜水艦建造企業といえば三菱重工

日本有数の潜水艦の建造企業である三菱重工業神戸造船所についての解説です。また海外の潜水艦建造企業も紹介しています。

 

 

三菱重工業神戸造船所

日本で潜水艦を建造する工場としては三菱重工業神戸造船所(略称「神船(しんせん)」)が有名です。日本最大に機械メーカーである三菱重工の基幹造船所の1つで、潜水艦や深海探査船の建造を得意としています。

 

※創業1904年なので実に100年以上の歴史を持った組織!戦前は60隻以上、戦後も20隻以上もの潜水艦を建造してきました。

 

三菱重工の船舶・海洋事業は日本国内においては最大規模、世界でもトップ水準の技術レベルです。日本の潜水艦性能が世界的に最高水準にあるといわれるのは三菱重工の力があってこそでしょう。

 

オーストラリア潜水艦企業体

他に潜水艦の建造で有名な企業といえばオーストラリア潜水艦企業体(ASC/ Australian Submarine Corporation)が挙げられます。その名の通りオーストラリアの造船会社で、潜水艦の建造を専門としています。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

潜水艦の値段・建造費
潜水艦の値段(建造費)についての解説です。国の防衛や情報収集の要として機能する重要な兵器なわけですが、果たしてどれくらいの値段がするのでしょうか。
日本の潜水艦保有数
日本の潜水艦の保有数についてです。日本の海上自衛隊は現在どれほどの潜水艦を保有・運用しているのでしょうか。

 
TOP