潜水艦のステルス性2

潜水艦のステルス性2

ステルスというのはソナーなどから探知されにくくするための軍事技術の総称です。潜水艦が敵に探知されるとしたら音響・電波・磁気・目視によるもの。潜水艦にステルス性を持たせるのなら、これら要素をいかに対策していくかがポイントになります。

 

 

目視対策

まず電波と目視に関しては潜航するだけで対策になります。これが潜水艦が昔からステルス兵器として重宝されてきたまず1つの理由。

 

音響対策

そして音響に関して。ソナーには相手の雑音を探知するパッシブソナーと、音響信号を発してその反響を探知するアクティブソナーがあります。パッシブソナーに対しては船体の静粛性を高めること、アクティブソナーに対しては音波を吸収する表面加工を行ったり、反響を反らせる形状にするなどして対策を行います。

 

磁気対策

磁気に関して。潜水艦では耐圧殻をチタン製にすることで、船体に磁力を極力まとわせず、ソナーに探知されないようにしています。また船体にまとった磁力は専用の施設(消磁所)で定期的に除去しています。このことを船体消磁と呼び、一種のステルス技術として知られています。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

潜水艦のステルス性
潜水艦のステルス性についてのお話を2回にわたってしています。
潜水艦の最大潜航深度
潜水艦の最大潜航深度について知りたい人は多いようです。現代の潜水艦はどれくらい深く潜航することができるのでしょうか。
潜水艦の速度は何ノット?
潜水艦の速度は正確にはわかりません。とくに最新の機体に関しては軍事機密なので公式な公開データがないのです。ただネットで調べた限りでは以下のような情報がでてきたので信ぴょう性は保証できませんが参考までに。
潜水艦の深海記録は何mか
潜水艦ってどれほどの深海記録をもっているの?という疑問についてです。
潜水母艦の任務を知ろう
潜水艦を語る上では語っておかねばならぬ潜水母艦の任務について解説しています。
対潜ミサイルの性能
今回は潜水艦が警戒すべき「対潜ミサイル」についての解説をしていきたいと思います。
潜水艦が空母の役割を担う?
潜水艦の中でも異質な存在である「潜水空母」について、その実態や開発目的などを紹介しています。

 
TOP