潜水艦の値段・建造費

潜水艦の値段・建造費

潜水艦の値段(建造費)についての解説です。国の防衛や情報収集の要として機能する重要な兵器なわけですが、果たしてどれくらいの値段がするのでしょうか。

潜水艦の値段(建造費用)

潜水艦の値段、つまり建造費ですが日本の通常潜水艦を例にするとそうりゅう型の建造費が500〜600億、おやしお型の建造費が420億円(11番艦)だそうです。

 

なおアメリカの原子力潜水艦として有名なバージニア級は約1400億円です。原子力のほうが圧倒的にコストは高くなります。バージニアは当初安い原潜として建造が計画されましたが結局高価になってしまったそうです。

 

通常型と原子力ではその建造費に5~10倍くらいの開きがでてしまいます。この建造費用と高い技術水準が必要になるので原潜を作れる国というのは限られてくるのです。

 

なおこの値段は自国で建造したケースですので他国から輸入した場合もっと高くなります。一流性能のものを輸入した場合通常型潜水艦でも1000億を超えることもあるそうです。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

潜水艦建造企業といえば三菱重工
日本有数の潜水艦の建造企業である三菱重工業神戸造船所についての解説です。また海外の潜水艦建造企業も紹介しています。
日本の潜水艦保有数
日本の潜水艦の保有数についてです。日本の海上自衛隊は現在どれほどの潜水艦を保有・運用しているのでしょうか。

 
TOP