そうりゅう型潜水艦の潜航深度

日本の海上自衛隊が運用する潜水艦として知られるそうりゅう型ですが、その潜航深度について気になる方が結構いるようです。

 

 

そうりゅう型潜水艦の潜航深度

結論からいってしまうと現在の潜水艦の潜航可能深度というのは潜水艦における最重要レベル機密といっていいくらいなので我々一般人が知ることはできません。

 

公開されている情報から推測で語るくらいしかできないのが実情です。

 

ただもちろん深度が推測できるような情報は公開されないでしょうから、その推測もまた大したあてにはできないのが現実・・・。

 

知られている中では旧ソ連の685型が設計上の安全深度は1000mを超えていました。最大深度は1250mだそうな。

 

日本の潜水艦に関しても潜航可能深度は重視しているので、ここまでかはわかりませんが深く潜れるということは予想できます。まああまり深く潜れるように設計してもコストの割りに見返りが乏しいので、1000mを超えの潜水ができるかは疑問です。

 

練習目的であっても最大潜航深度まで潜水することは滅多にありません。