無人潜水艦の用途

無人潜水艦の用途

現代は様々な兵器が無人化されていますが、潜水艦も例外ではありません。

 

軍用無人潜水艦の用途

軍用無人の潜水艦は主に敵対水域での工作活動に使用されます。まだ実現には至っていませんが敵海域に潜ませておいて、敵艦のスクリュー音などを探知して魚雷を発射するというシステムが研究中だそうです。

 

無人潜水艦のメリット

原子力潜水艦のメリットとしては、エネルギーが枯渇することがないため半永久的に潜航していられるというものがありますが、実際は乗組員の精神面や食事などの負担から3カ月程度が限界といわれています。ですが無人の場合は乗組員がいないので数年単位の作戦行動も可能になります。

 

※自衛隊でも1カ月連続して海中で警戒監視を行うことができる無人潜水艦を開発中です。

 

民間の無人潜水艇

海底資源や深海の海洋生物の探査に使われる「無人潜水艇」なら20年くらい前から実用化されています。極低温・高水圧・・・深海というのは「宇宙よりも悪条件」と揶揄されるほど人間にとっては過酷な環境。だから無人機にカメラをとりつけて観察したり、アームを遠隔操作して資源を採取したりするわけです。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

潜水艦の種類
潜水艦の主な種類とそれぞれの特徴、メリット・デメリットなどを紹介しています。
世界最大の潜水艦
世界最大の潜水艦「アクーラ」の建造経緯や性能についての紹介です。
攻撃型潜水艦
潜水艦の種類の1つである「攻撃型潜水艦」の特徴について解説しています。

 
TOP