そうりゅう型潜水艦の実力

そうりゅう型潜水艦の実力

そうりゅう型潜水艦の実力について考察してみたいと思います。そうりゅう型潜水艦というのは皆さんご存じの通り海上自衛隊が運用する通常動力型潜水艦の艦級のことです。

 

そうりゅう型潜水艦の実力

何をもって実力とするかは総合的な性能で判断することになりますから、そうりゅう型潜水艦の性能をざっくばらんにですがまとめてみます。

 

非大気依存推進(AIP)

スターリング発電機による非大気依存推進(AIP)の潜水艦であり、専用の燃料を使用して動力としているので、2週間以上の連続潜航が可能になります。

 

11番艦以降はリチウムイオン蓄電池を搭載し、AIPを廃することが検討されています。リチウムイオン電池はAIPよりも出力が大きいことからAIPのように低速で長時間潜航・高速での連続航行両方を可能にするといわれています。

 

最大規模の水中排水量

そうりゅう型は原潜ではない通常動力型の潜水艦としては最大規模です。通常動力型潜水艦は水中排水量が2000トン以下であるのが一般的ですが、そうりゅう型のばあい4200トンもあるのです。

 

装備

艦首上部に6門のHU-606 533mm魚雷発射管、対艦ミサイルを搭載しています。対艦ミサイルにより水中から水上の艦船を攻撃可能です。

 

静粛性

燃焼ガスの排出音や振動なども基準をクリアしており静粛性という観点でも申し分ありません。

 

まあようするにこれでもかという海自の要求を全て満たした潜水艦なんですね。ただ色々話しましたがこれらは公開されている情報からいえるわずかなことなので、本当の実力は我々一般人が知ることは難しいでしょう。軍事機密ですからね^−^

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

そうりゅう型潜水艦の潜航深度
日本の海上自衛隊が運用する潜水艦として知られるそうりゅう型ですが、その潜航深度について気になる方が結構いるようです。
潜水艦「けんりゅう」の性能
潜水艦「けんりゅう」の性能について調べた結果をまとめています。
潜水艦「こくりゅう」の性能
潜水艦の「こくりゅう」の性能について気になったので調べた結果をまとめています。こくりゅうの性能についてざっくり知りたい方は参考までに・・・。
潜水艦「ずいりゅう」の性能
日本の潜水艦「ずいりゅう」の性能について調べた結果をまとめています。
潜水艦「はくりゅう」の性能
日本海上自衛隊が保有する潜水艦「はくりゅう」についての説明です。
潜水艦の展示場所
潜水艦が生で見たい!という方へ潜水艦が展示されていて見学できる施設を紹介しています。

 
TOP