潜望鏡の仕組み

潜望鏡の仕組み

潜望鏡(もしくはヘリスコープ)は潜水艦が海上の様子を観察するために用いられる光学装置のことです。今回はその潜望鏡の仕組みを簡単にご紹介しています

 

潜望鏡の仕組みとは

本来海中ではどう見渡しても海上の様子は見えませんが、反射鏡などを利用し【視点の位置を変える】ことでそれを可能にしています。

 

またレンズにより望遠鏡の機能も持たせてありますので、はるか遠方を観察することも可能です。

 

とはいえこれは一昔前に主流だった視認方法で、現在は電子式が主流になっています。デジタルカメラで外部を撮影し、潜水艦内部のディスプレイに表示するという仕組みですね。

 

電子式になったことにより以下のようなメリットが出てきました。

 

電子式潜望鏡のメリット
  • カメラ性能の向上により解像度や感度が上昇
  • 撮影した映像に画像処理を加えたり、赤外線撮影も可能になった
  • 光学式潜望鏡と違い船殻に孔を開けて潜望鏡を設置する必要がない(⇒耐圧殻の強度が向上)
<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

潜水艦の内部構造・仕組み
潜水艦の構造と仕組みについてわかりやすく解説しています。どうして潜水艦は水圧で潰れないのか、その為の構造や仕組みはどうなっているのか。興味がある人は是非!
潜水艦の浮上の仕組み
潜水艦の浮上の仕組みについて解説しています。潜水艦はどうやって海中深く潜航したところからまた浮上してこれるのでしょうか。
潜水艦での酸素発生の仕組みは電気分解?
潜水艦というのは空気が遮断された環境を長時間航行するわけですから、酸素の補給が必要不可欠です。ではどのようにして酸素を確保しているのでしょうか。
潜水艦のスクリュー音や形状について
潜水艦のスクリューというのは、皆さんご存じの通り水中にて推進力を得るために動作する回転翼のことです。
潜水艦のハッチの構造や厚さ
潜水艦のハッチの厚さや構造についてのお話です。
シュノーケル(潜水艦)とは
シュノーケルというのは潜水艦が水中でディーゼルエンジンの運転のために空気の取り入れを行う管のことです。
潜水艦の空気清浄の方法
潜水艦の空気清浄の方法について簡単に解説しています。

 
TOP