潜水艦の展示場所

潜水艦の展示場所

潜水艦が生で見たい!という方へ潜水艦が展示されていて見学できる施設を紹介しています。

 

てつのくじら館

日本で潜水艦が見られる場所といったらここが一番有名だと思います。海上自衛隊の潜水艦「あきしお」が展示されていて、中に入ることもできます。あきしおは昭和58年04月15日三菱重工神戸造船所で起工されました。2004年3月3日に除籍されて以降は海上自衛隊呉史料館において屋外展示されています。詳細は下記HPから。

 

潜水艦「あきしお」屋外展示・てつのくじら館

 

なお内部公開されているといっても全面公開ではなく、見られるのは発令所のある甲板だけです。また【潜水艦のスクリュー音や形状について】にて解説した通りスクリューの情報というものも軍事機密なのでダミーが用いられています。

 

 

 

海上自衛隊呉史料館とは

上記の「あきしお」が見られるてつのくじら館は広島県呉市にあります。海上自衛隊の広報を目的としている施設のことで正式名称は「海上自衛隊呉史料館」といいます。同館の3階では海上自衛隊の潜水艦について模型や絵図、映像などの資料で紹介されています。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

そうりゅう型潜水艦の実力
そうりゅう型潜水艦の実力について考察してみたいと思います。そうりゅう型潜水艦というのは皆さんご存じの通り海上自衛隊が運用する通常動力型潜水艦の艦級のことです。
そうりゅう型潜水艦の潜航深度
日本の海上自衛隊が運用する潜水艦として知られるそうりゅう型ですが、その潜航深度について気になる方が結構いるようです。
潜水艦「けんりゅう」の性能
潜水艦「けんりゅう」の性能について調べた結果をまとめています。
潜水艦「こくりゅう」の性能
潜水艦の「こくりゅう」の性能について気になったので調べた結果をまとめています。こくりゅうの性能についてざっくり知りたい方は参考までに・・・。
潜水艦「ずいりゅう」の性能
日本の潜水艦「ずいりゅう」の性能について調べた結果をまとめています。
潜水艦「はくりゅう」の性能
日本海上自衛隊が保有する潜水艦「はくりゅう」についての説明です。

 
TOP