潜水艦の種類

潜水艦の種類

潜水艦の主な種類とそれぞれの特徴、メリット・デメリットなどを紹介しています。

 

潜水艦の種類

潜水艦というのは推進機関によって大きく二つに分けられます。

 

原子力潜水艦(原潜)

小型の原子炉を動力源としている潜水艦です。原子炉により発生させた熱で水蒸気をつくり、タービンを回す。それで得たエネルギーを推進力や電力に変えています。第二次世界大戦で急速に発達した原子力技術を駆使して誕生しました。

 

メリット

  • エネルギー生成効率がいいため燃料の補充が年単位で必要ない。
  • 有り余るエネルギーで水を電気分解し酸素を作り出せる。
  • 上記の理由で長期間の継続的な潜航活動が可能。

 

デメリット

  • 原子炉の稼働により常時音と熱を発しており隠密性が低下する。
  • 核燃料を運用するためのコストが高い。
  • 超微量だが放射能漏れは常にある。
  • 技術水準や建造コスト・維持コストが高いので保有できる国は限られる。

 

通常動力型潜水艦

原子炉以外の動力で動く潜水艦のことです。その動力というのは様々ですが、主流となっているのはディーゼルエンジンで、補助としてスターリング・エンジンや重電電力で推進しています。

 

メリット

  • 機関の任意停止が行え、バッテリ駆動が可能なので隠密性が高い。

 

デメリット

  • 原子力潜水艦のように水中で酸素を生成できない。
  • 酸素を取り込む時は浅深度航行せねばならずその際に発見されやすい。
  • 常に蓄電池の残量を気にしなければいけない。
<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

世界最大の潜水艦
世界最大の潜水艦「アクーラ」の建造経緯や性能についての紹介です。
無人潜水艦の用途
現代は様々な兵器が無人化されていますが、潜水艦も例外ではありません。
攻撃型潜水艦
潜水艦の種類の1つである「攻撃型潜水艦」の特徴について解説しています。

 
TOP