潜水艦で無線通信は使えるの?

潜水艦で無線通信は使えるの?

潜水艦の無線通信についてのお話です。潜水艦は無線通信を使えるのか、使えるとしたらどうやって通信を行っているかなどなど興味がある方は参考にしてください。

 

潜水艦の無線通信

潜水艦も無線通信は行います。有名どころの送信所ですと自衛隊の潜水艦向け超長波(VLF)送信施設「えびの送信所(宮崎県)」がありますね。

 

逆に潜水艦から送信したい時は通信用のロングワイヤアンテナを伸ばして交信します。これは使い捨てなので終われば切って海底に捨てることになります。

 

その他潜水艦の通信方法についての詳細は【潜水艦の通信手段】にて解説していますので参考にしてください。

 

海中に電波は届くの?

海中では電波の減衰が激しいので、短波はほぼ使いものにならないのですが、波長の長い電波ならば届きます。

 

超長波(VLF)は海中深度10m程度まで到達するので、深度数m程度を潜航していれば受信することができます。戦争中から日本海軍も使用していました。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

潜水艦の通信手段
潜水艦の通信手段についてです。潜水艦同士や地上と潜水艦の連絡にはどのゆな通信手段をとっているのでしょうか。
ソナーの原理
潜水艦や水上艦船、はてはイルカやクジラなどの生物も利用している「ソナー」についての説明です。ソナーってなに?どんな原理なの?など気になる方は参考までに〜。
潜水艦のソナーの種類
ソナーというのは水中を伝播する音波をキャッチして水中の物体を特定したり捜索したりする装置のことです。今回はソナーの種類について紹介しています。

 
TOP